一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 

近江社中本店はこちら

 

 

こんにちは、小番頭はっとりです。

 

暑い日が続いていますね。

 

お盆休みもとにかく暑かったし、

あまり外出していませんが、

とりあえず、日帰りで行けるところということで

1日だけ何となく名古屋方面へ。

 

トヨタ博物館というところを見てきました。

 

お客さんも多すぎないし、涼しいし、

車好きのおっさんが1人で行くにはちょうどいいところでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

クラシックカーもいいですが、

やはり馴染みのある60年代以降の日本車が懐かしかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

トヨタ2000GTは、今も本当に美しいです。

現在のレクサスと並んでいても、際立って目を引きます。

 

 

 

さて、自社の商品だけでなくあらゆるメーカーの車を幅広く展示して紹介している

トヨタさんの懐の広さには感動しますが、

 

こうやって見ていくと、日本の大衆車は恐らく70年代くらいまでは

意外にもトヨタより、ダットサン〜日産というメーカーの方が、

商品力的には先行していたのではないかという気がします。

 

たとえば、フェアレディとかスカイラインとか、この頃からの名車も多いし、

日産ブルーバードに対抗してトヨタがコロナ、

日産サニーに対抗してトヨタがカローラ。そんな図式でした。

 

 

いつ頃からなのでしょうか?

これが逆転し、さらに大きく水をあけられることになったのは。

 

恐らく、80年代のソアラあたりからかなと思います。

ここでもライバルである日産の初代レパードの方が発売は先だったはず。

ただし、ちょっとコンセプトが曖昧だったような。(もちろん展示もされていません)

 

結果大ヒットして、ハイソカーブームを作ったのはソアラの方でした。

この辺りから、90年代にかけてトヨタさんのぶっちぎりが続いています。

 

日産さんは最近、迷走している風に主観では思ってしまいます。

「やっちゃえ」って、本当に「やっちゃえルノー?」て思います。親会社がルノーだけに(−−;)

 

個人的には「ちゃえ」がやだなって思います。

関西人には「何々しちゃう」っていうのが、なんとも女性っぽい印象で馴染めないだけかも知れませんが。

関西弁で「やってまえ!」にして欲しいかな。復権を期待しますね。

 

 

ちなみに私はというと、ずっとマツダ車を乗り継いでるんですけどね^^;

 

ではでは今日はこのへんで。

 

 

 

 

近江社中本店はこちら


PR

Profile

Link

Archive

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM