全国的に夏日が復活してますね



大番頭ヤマグチですヽ(^o^)丿



先日10月6日のTV「奇跡の地球物語」見ました?



今回は「天空の城 竹田城」が取り上げられましたが



皆さまの感想はいかがでしたでしょう♪(←見てない?)



私も過去に竹田城へ登城した時に感じたのですが



最大の特徴は石垣全てが野面積み(のずらずみ)ってことでしょうね。



これって珍しいんですよ、条件が揃わないと成立しないんです。







?織豊時代の築城であること

→石積技法が全て野面積なので時代をまたいで存在していません



?廃城の後、大規模な破城がされなかった  

→通常は敵に悪用されないよう建物や石垣は撤去または移築されます



その他、立地環境などもあるのですが



ここまで良い状態で現存することは稀なことです。



これからの時期は雲海も見えますので、雲の上に浮かぶ竹田城へ散策に



行かれてはいかがでしょうか?



参考:竹田城





かなり脱線しましたね〜

今日のテーマはコチラ♪





再建天守のモデルとなったのは高知城?

遠江「掛川城」跡に行ってみた




掛川城 太鼓櫓

(掛川城天守と太鼓櫓)



掛川城は室町時代、守護大名今川氏が築きました。



織豊期に山内一豊が入封、掛川城の大幅な拡張を実施し、石垣や瓦葺屋根の



建築物、天守など近世城郭としての体裁を整えた城郭としました。



掛川城



▼所領と城主

今川(家臣 朝比奈)→徳川(家臣 石川)→豊臣(家臣 山内)→徳川氏(家臣 太田)



掛川城



初代天守は1590年に建築されましたが1604年の大地震で倒壊。



2代目天守は1621年に再建されましたが1854年の大地震によりまたもや倒壊。



掛川城



その後、天守は再建されず天守台などの遺構が残るのみでしたが



3代目天守として1994年に市民や地元企業などから募金を集めて



戦後初となる木造による天守を再建。



掛川のシンボルとなり現在に至ります。



掛川城



で!3代目天守のモデルとなったお城は・・・



実は、初代天守の姿は不明なんです。



結果、資料の残っている2代目天守、と言っても設計図書でなく絵を軸に



山内一豊が掛川城の天守を元に建築したと言われる高知城の天守をモデル



に再建されました。



掛川城

(二ノ丸御殿は1861年再建、重要文化財に指定)



ですので!



掛川城2代目天守の復元でもなく、高知城天守の復元でもないのですが



以後、月日が経てば一つの文化として歴史に残るんでしょうね。



掛川城

(太鼓櫓は1861年再建、明治元年に三の丸より現在地へ移転)





掛川城へ登城して「へ〜」と感じたことは「堀(濠)」でしょうか?



池程度の大きさなのですが、そろばんの形に似ている「十露盤堀」と



勾玉の形に似ている「三日月堀」があります。



十露盤堀 三日月堀



説明されいる掲示板を見るまでは、鯉などを鑑賞する池かなー?って



思うぐらいの小さな堀です。(ある意味洒落てます)





掛川城

(二ノ丸御殿 瓦)





冒頭の竹田城はこってり、掛川城はあっさりのブログになりましたねー笑

(掛川城がメインなのに・・・)



今日はこの辺で!





by.大番頭(^^♪

  • -
  • 19:57
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Profile

Link

Archive

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM