新春のお喜びを申し上げます



大番頭ヤマグチですヽ(^o^)丿



今年の初詣は朱塗りの3重塔がある長命寺へお参りしてきました



長命寺 西国三十三 三重塔



本堂まで808段の階段を登るのですが途中から雲行きが怪しくなり



チラチラと雪が舞い始めて、到着した頃は吹雪でした



おみくじも末吉だったし・・・今年も持ってないな〜苦笑



皆さま、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます<(_ _)>



今日のテーマはコチラ♪

↓  ↓  ↓  ↓



聚楽第の遺構

京都「飛雲閣」に行ってみた



唐門 京都三唐門 国宝 日暮門 西本願寺

【国宝 唐門】



念願叶って西本願寺の非公開文化財の見学をさせて頂きました



稀に特別公開される事があるのですが、日程が折り合わず見れてなかったんです



だめもとで電話をしてみたら「見学大丈夫ですよ」の軽めな返答?



西本願寺では事前予約で一部文化財を公開されてるそうです



西本願寺 御影堂 国宝

【国宝 御影堂】



公式ホームページでは全く案内されていませんので



興味がある方がいらっしゃいましたら一度お問い合わせしてみてください!



丁寧な説明を交えてご案内くださいます、費用は志納で所要時間は60分



私が訪れた際は説明の方が熱心にお話しくださり100分でした 笑



阿弥陀堂 西本願寺 国宝

【国宝 阿弥陀堂】



正式名称は「龍谷山本願寺」、浄土真宗本願寺派の本山です



親鸞の廟堂として京都東山の吉水の地に創建されましたが



その後比叡山延暦寺から迫害を受けるなど場所を転々とし



1591年豊臣秀吉の寄進により大坂天満から現在地に移転しました



西本願寺 あまのじゃく 天の邪鬼

【あまのじゃく、探してみよう!(計8人)】



秀吉が本願寺を京へ誘致したことについては諸説あります



おそらく翌年からの文禄慶長の役(朝鮮出兵)を控えて



寺院からの人力や財力の支援が必要だったのではないでしょうか



そのようなことの影響がどこまで関係しているか分かりませんが



西本願寺には桃山時代の文化財が多く残っています



飛雲閣 西本願寺 京都三閣

【国宝 飛雲閣】



飛雲閣は京都三名閣の一つに数えられている楼閣建築物です



金閣、銀閣と大きく違う点は、ひと目で分かる通り非対称な造りであること



普通はバラバラな物を組み合わせると見苦しく見えますが



この建物は絶妙なバランスなのでしょうね



ごちゃごちゃが気にならなく、落ち着いたビジュアルに仕上がっています



秀吉のリクエストを織り込んで建築されたんだと思いますが



設計された方の苦労が手に取るようにわかります(建築業者あるあるです)



唐門 西本願寺 京都三唐門 国宝 徳川家光

【国宝 唐門】



そして、西本願寺にはもう一つ京都を代表する建造物があります



それは唐門(日暮門)です



京都にはいくつかの唐門が現存しますが、国宝指定されている唐門は



豊国神社、西本願寺、大徳寺のみで、京都三唐門と称されています



(豊国神社、西本願寺の唐門は伏見城遺構、大徳寺の唐門は聚楽第遺構)



唐門 京都三唐門 国宝 西本願寺

【国宝 唐門】



唐門とは、唐破風形の屋根を持つ門のことで、唐破風は弓を横にしたような



感じで屋根の中央が高く両端が反り返った形をいいます



元々は豊国神社同様のビジュアルだったのですが、三代将軍 徳川家光が上洛



の際に改修されたそうです



唐門 京都三唐門 西本願寺 国宝

【国宝 唐門】





秀忠・家光絡みの建築物ってホントに派手ですよね



(久能山東照宮、日光東照宮、日吉東照宮、西本願寺唐門)





今日はこの辺で





by.大番頭(^^♪


PR

Profile

Link

Archive

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM