一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

今年のゴールデンウイークも終わってしまいましたね。

皆様はどうお過ごしでしたでしょうか?



さて、私のゴールデンウイークの恒例行事といえば、ずばり祭り見物です。

『近江社中本店』の地元、滋賀県近江八幡市には左義長祭りに代表されるいくつかの火祭りがあるのですが、そのエンターテインメント性で私が断然イチオシなのは毎年5月4日に行われる篠田神社の火祭りなんですよね。その理由は、江戸時代から続く仕掛け花火があるからです。これは「篠田の花火」として国の無形民俗文化財にも指定されています。



幼馴染の実家がこの神社の近くで直接祭りに関わっていたこともあり、私は小学生くらいから見に行くようになったのですが、もともと田んぼの真中のひっそりとした小さな神社ですから、以前は地元でも実は知る人が少なかったんです。でもこの花火が「もお、とにかく凄い!」んです。それで私は、毎年GW前になると控えめながら、親しい人にぼつぼつ紹介するようにしていました。

「ふんでね、ロケット花火がブシュッて飛んでいって火がついて、ボボボボボーンて爆発して、ヒューンヒューンてなって、クルクルクルって回って、モクモクモクのあとに ババーンって絵が浮かび上がるんよ。」

「・・・ふーん・・・」分かってもらえない。



ところが数年前、当時の職場の友人たちが、よほど暇だったのか京都からツアーを組んで見に来てくれたことがあり、終わりにはみんな口々に「感動した」と大満足して帰って行ったんです。案内人の私もホッとしましたが、やはりこれはどこに出しても恥ずかしくないイベントだと確信できました。だいたい都市部では打ち上げ花火をここまで真下から見ることもないでしょうし、クライマックスはあの『バックドラフト』なんて屁でもない、もう、とんでもないとしか言えない仕掛花火です。文化財でなければこんな場所でこんな危険なことできないですよ。



かつては余裕を持って見物していた祭りですが、近年ネットや口コミのせいでしょうか。異常に見物客が増えて、小さな境内に人があふれ、結果として余計に「危険」な感じになってきています。こうなってくると、正直見づらくなって困るのですが。今年は全国ネットのテレビが取材に来ていましたし‥たぶん『ナニコレ珍百景』か何かだったような。



とにかく来年以降、この時期滋賀県にお立ち寄りの際は是非お訪ねください。とりあえず私も少し自信を持って人に薦められそう。「ふんでね、ロケットがブシュってボカーンで・・・」やっぱり説明しづらい。



篠田の花火



動画に撮るとこんな感じです⇒【YouTubeに誰かが投稿されていた動画】



で、詳細はこんな感じです⇒ 【滋賀県観光情報・篠田の花火】












PR

Profile

Link

Archive

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM